ビーズの起源

ビーズとは
穴あき玉の総称をビーズと言います。
「祈る人」の意味を持つ”アングロサクソン語”の「biddan」がビーズの語源
と言われることからも、古来よりビーズは人々の営みに欠かせない重要なものであったのでしょう。
様々な模様、思わず口に入れたくなってしまうような美しいガラスビーズ。
ガラスビーズの他、天然石や木の実、貝、シルバーや金、銅などで作られた
ありとあらゆる様々なビーズが見る事が出来、人々を魅了するビーズ。
ビーズは4万年以上前から生まれ、最初は簡単に穴の開く自然素材が使われました。
そのうち、水晶・翡翠・瑪瑙などの天然石が使われるようになります。
特に、瑪瑙は「アクセサリーの起源」でも話したように、その模様故に
魔除けの力を持つマジックストーンとして、また次第に権力を象徴するものと
して各地域に広がっていきました。
古代エジプトや古代ローマではビーズの生産が盛んになり、人々の技術が向上し、
貿易が盛んになり始めると、次第にガラスを加工する技術も各地に広がり
様々な土地の特徴的なビーズが生まれ始めます。
インドではパシフィックビーズと呼ばれるガラス細工が生まれ、
美しいモザイクビーズで有名なイタリア・ムラーノ島のミルフィオリなどのビーズが、
現在ではインドのUP州や中国で作られるようになりました。
また、インドのパシフィックビーズやアフリカのリサイクルガラスビーズ、
ムラノビーズなどのアンティークビーズは現在、インドネシア・ジャワ島
で生産され、大きな産業となっています。
アンティークビーズは、一般に有名なホワイトハーツを例に取ると、
ヨーロッパで作られたものが、新大陸発見・探検の際にお金として
現地の人々から食料を調達したり、荷物運びなどの労働力への支払に使われました。
ヨーロッパのビーズがアフリカ・アジアの奥地(ネパールの山奥やタイの山岳民族の地域
など)、南米ペルーでもアンティークのホワイトハーツに出会う事がしばしばあります。
それは、以下にビーズが貿易の重要なアイテムであったことを意味し、驚かされます。
祈るためのビーズは、私たちにとっても身近な「数珠」であり、
仏教、クリスチャン、ムスリム、ヒンズー教などの様々な宗教の重要な
装身具として、生活の中に溶け込んでいます。
モザイクビーズもさることながら、銀・金や銅などの鉱物で作られたビーズも
とてもユニークで、プリミティブなものほど、世界各地の民族が同じような模様や形を持っています。
民族の人々の感性は、自然の中から生まれ出るものなのだからでしょう。
現在ではインドやバリの銀細工は匠の技がシルバービーズに凝縮され、感動を覚えます。
「アクセサリーの起源」のページへ

 <ネットサーチ>

メタルビーズ 民族メタルビーズ 革ひも用メタルビーズ
プレーンな何にでも
使いやすいメタルビーズ
エスニックスタイルの
民族メタルビーズ
穴の大きな
革ひも用メタルビーズ

無垢シルバービーズ インドシルバービーズ キャストシルバービーズ
インディアンジュエリーに
無垢シルバービーズ
細密な技術の芸術品
シルバービーズ
穴の大きな
キャストシルバービーズ

カレンシルバービーズ ビーズキャップ 金張りビーズ
ハンドメイドの骨頂
カレンシルバービーズ
どんなアクセサリーも
美しくなるビーズキャップ
柔らかな金色の
金張りビーズ

民族ビーズ 天然石ビーズ ホワイトハーツ
ジャワやトンボ玉
の民族ビーズ
ターコイズなどの
天然石ビーズ
アンティークビーズ
ホワイトハーツ

種・自然素材ビーズ クリスタルガラスビーズ 七宝玉エナメルビーズ
数珠やナチュラル系
種・自然素材ビーズ
上品な輝きの
クリスタルガラスビーズ
骨董七宝玉といえる
七宝玉エナメルビーズ

クレイビーズ
エスニックアクセサリーに
お勧めのクレイビーズ
 copyright@お勧めアクセサリーパーツ・ネットサーチ